らいむす企画は、神戸の編集オフィスです。料理レシピ本、暮らしに関する実用書の企画・制作全般と、編集・デザインレイアウトをしています。


raims planning/らいむす企画editorial report/編集レポートrai-box/ギャラリースペースtopics/らいむすブログ

editorial report 編集レポート

編集オフィス らいむす企画の活動や関わった本などの紹介をします。
※実用書を中心に書籍・雑誌などの企画・取材・執筆・デザインから制作までいたします。
らいむす企画
企画、編集、取材、執筆、デザインを行う編集オフィス
>>らいむす企画の詳細はこちら

2016年2月より休業いたします
e-mail: info@raims.info
ENTRY LIST
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PICKING UP ITEMS
RSS 1.0 ATOM  0.3
<< もうすぐ発売です | main | 『米粉のパン』発売 >>
『四季を和える』発売
四季を和える

神戸の割烹「玄斎」店主・上野直哉さんが、和えものだけを、季節ごとにまとめた本です。
「はじめに」の一部をご紹介します。

和えものだけで一冊の本を…と考えましたのも、いわゆる見せ場的な料理の合間に見られる「息抜きの一品」から、「先付」「前菜」などに見られる重要なポジションまで多様性に富み、地味ではありながら料理人の心意気を感じる、いわゆる「気の利いたもの」であるというところに、料理人のイデオロギーを読み取ることができると考えたからです。

和えものは、家庭で作ることもある身近な料理。外でも、突き出しや間の手の小さな一品という認識が強く、それだけに華やかなスポットライトを浴びることもそうそうありません。しかし、プロ中のプロの手になるとはいえ、本書に並ぶ62品の、奥深く、多彩なこと。添えられた文から、それぞれがもつストーリーも窺えて、興味はつきません。

今では作る人も少ない「かやの実味噌」の一品があれば、新顔野菜や乳製品を使いながら日本料理から外れない一品もある。上野さんの思いは、このままでは消えてしまいそうな伝統的な料理の上にも、逆に新しいテイストを取り入れた新鮮な一皿にも及び、どちらも大切にしている温かさが伝わってきます。

「日本料理の楽しさ、ここにあり!」の1冊、是非ご覧ください。

[DATA]
書 名  四季を和える 割烹の和えものの展開
著 者  上野直哉
出版社  旭屋出版旭屋出版
発行日  2013年2月7日(初版)
発売日  2013年1月31日
撮 影  鈴木誠一
デザイン 宮下郁子(らいむす企画)
編 集  節丸元子(らいむす企画)

★B5変形、160ページ、オールカラー、ハードカバー、3000円+税
★全国の書店で販売。旭屋出版でもご注文いただけます。
本の紹介・出版のお知らせ | 12:11 | - | -